テーマ:病気、治療

SFTS 東京都でも発症された方が出ました。

マダニによって感染するウィルス病「重症熱性血小板減少症候群」 都内で発症が確認されたのは初めてです。 長崎を旅行された時に感染したようです。 東京都の報告です。 http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/05/16/12.html まだ、神奈川県では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂犬病予防接種について

3月になりした! 狂犬病予防接種の季節になりました。 昨年度平成30年度の予防接種が行われている子、 または、今回初めての狂犬病予防接種を行う子は、 本日3月2日より 平成31年度分の狂犬病予防接種が行えます。 昨年度分 平成30年度の狂犬病予防接種を行っていない子は、 4月2日からの受付となります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫の心臓病 (肥大型心筋症)を調べてみませんか?

猫の心臓病は、症状が分かりにくく、健康に見える猫の16%が心臓病を持っていたという米国の報告があります。 どのネコでも心臓病になる可能性はありますが、下記の猫で多いとされています。 ○アメリカンショートヘア○メインクーン○ペルシャ○シャム○ノルウェイジャン○ラグドール 猫の心臓病の大半は、肥大型心筋症という心臓の壁が厚くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい泡のシャンプー ヒノケアfor Professionals !

人間の皮膚より薄くて、デリケートな犬の皮膚! 皮膚病、特にアトピー性皮膚炎を持っている子などは スキンケアがとても大事になります。 人間の皮膚では、ヒルドイドをお風呂の後に塗ったり(うちの息子も塗ってます!)しますが、 毛のある犬ではなかなかできません。 犬のスキンケアとしては、シャンプー療法が重要となります。 以前から皮膚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物病院専用 エネルギーちゅ~る!

ネコちゃんのおやつ”ちゅ~る” かなりおいしく、みんな大好きなようで・・・ 動物病院専用のエネルギーちゅ~るが発売になりました。 一般のちゅ~るのカロリーが2倍 タウリン、乳酸菌が配合されています。 おやつとしては高カロリーなので 食欲がない時 高齢猫の栄養補給 等に使えると思います。 詳しくはスタッフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロイヤルカナンのベッツプランニュース!

ロイヤルカナンのベッツプランニュースなるものが届きましたのでアップしてみました。 犬猫の年齢の目安:人の年齢に換算すると~~が載っていました。 小型犬は11歳で60歳、中型犬は9歳で59歳、大型犬は7歳で59歳、猫は11歳で61歳に相当すると書かれています。 あくまでも目安ですけどね・・ 見た目若そうでも、確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビルバックシャンプー購入の方にもれなく泡立てネットプレゼント!

先日、ビルバックのスキンケアのセミナーを病院内で行いましたが、 シャンプーの仕方で重要なことがありました!! 犬猫は皮膚がとてもデリケートなので 指でごしごしするのではなく 十分泡立てた泡でやさしく洗った方が良い とのことでした。 セミナーのプレゼントとして 泡立てネットをいただきました。 先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はビルバックさんの皮膚病ケアのセミナーでした。

今日のお昼休みは ビルバックジャパンさんに来てもらい 皮膚の基礎、皮膚病のケア、シャンプー、ローションなどについてセミナーをしてもらいました。 今回は、新しい技術「ペプチドテクノロジー」「グリコテクノロジー」についても教えてもらいました。 ○犬の皮膚は毛という強いバリアで覆われているので、人間よりも薄くデリケートであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人のアトピーに新しい治療!!

3月2日の時事通信によると かゆみの原因になる 「インターロイキン31(IL31)」 の作用を抑える薬が中外製薬によって開発されたとのこと。 IL31は動物薬でいうと 「アポキル」という薬があるが、作用に仕方が違うのか?? 動物でも、使えるようになるとよいですね!! 「アトピーかゆみ大幅減=抗体開発、国際治験で実証&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日から(2月20日)通常診察です

2月18日19日臨時休診で、ご迷惑をおかけしました。 2月20日本日から通常診察です。 よろしくお願いします。 2日間、日本獣医内科学アカデミーという学会に出席しました。 獣医も動物看護師もみんなで勉強できる学会です。 すこしでも、動物たちの為になるように勉強してきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康診断をしませんか?

ワンちゃんも、ネコちゃんも医療・予防医学・食事が発達し、寿命が長くなるようになりました。 人間よりも約4倍近いスピードで年を重ねていくワンちゃんネコちゃんたち!まだ子供と思っているうちに、あっという間におじいちゃん、おばあちゃんになってしまいます。 8歳を超えると、急速に病気が増えてきます。 病気の早期発見のため、または、現在の健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫ちゃんの通院時に出来ること!!

猫ちゃんたちは、自分のテリトリーから出ることをとても嫌います。 病院に通うこともストレスになります。 ストレスのない通院はありませんが・・・・ 少しでも、ストレスのない病院通いができればと ビルバックさんが出しているしおりがありましたので掲載したいと思います。 ◎猫の通院ストレスを軽減するために出来ること ~初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(閲覧注意)マダニが暴れ始めました!!

マダニの動画を載せてますので、虫の嫌いな人は見ないでください! 気温も上がり、虫たちが活発になってきました。 蚊によって感染する フィラリア 飼い主さんが自宅に持ち込んでしまうこともある ノミ そして、草むらなどに遊びに行く子たちがもらってしまうのが! マダニ マダニに血を吸われると、 ○貧血(大量寄生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィラリアの検査始めました!

今年も、フィラリアの検査を始めました。 去年のお薬がきちんと効いていたかを調べる検査です。 フィラリアに感染してから一定の期間を置かないと フィラリアが心臓に住んでいるのに陰性になってしまうので 4月からの検査となります。 検査は、血液を採って行います。 当院での検査は以下のものになります。 ◎直接法 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいノミダニ予防薬です

今シーズンより 新しいノミダニ予防薬が仲間入りしました。 フロントラインプラスと同じ会社から出ました。 ネクスガード 大豆ベースのお肉タイプ ソフトチュアブルです。 ノミに対しては投与後30分で駆除し始め、8時間以内に駆除します。 ノミが卵を産む前に駆除します。 マダニに対して48時間以内に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日、獣医皮膚科学会に行きました。

昨日、大宮ソニックシティで行われた、第18回日本獣医皮膚科学会学術大会に出席してきました。 午前中は、イギリスのDavid H Loyd先生の抗生剤の講義 午後は真菌症と寄生虫の治りにくい難治性の皮膚炎についての講義でした。 抗生剤の講義では、獣医学においても、医学においても多剤耐性菌 つまり、いろいろな抗生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫に錠剤を飲ませる時は・・・

猫の食道は思ったよりゆっくり動きます。 錠剤を飲ませる時は、必ずお水やご飯で胃に流してあげましょう! 錠剤だけで飲ませた時、5分以上食道にとどまってしまうことがあると報告があります。 食道に錠剤が留まると食道炎を引き起こすことがあります。 気を付けましょう!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫の行動学の講義をちょっと覗いてきました・・・

2月に行きました、獣医内科学アカデミーで猫の行動学の講義を受けました。 日本獣医生命科学大学の入交先生の講義でした。 猫は、家畜化されたのは犬より比較的新しく4000年ほど前と言われています。 家猫の祖先である、リビヤヤマネコやヨーロッパヤマネコのような単独行動の生活様式から、 食べ物などが豊富にあれば、社会を形成しコミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィラリアの季節も終わりました!

5月から始まったフィラリアの季節もやっと終わりました! 毎月のフィラリア予防のお薬、お疲れ様でした。 フィラリアは、蚊から皮膚に入り込んで約2ヶ月近く皮膚のところに住んでいます。 これなら、2ヶ月ごとにお薬を飲めば・・・と思ってしまいますが・・・ 1ヶ月を過ぎると、フィラリアの子虫(ミクロフィラリア)も成長して、だんだん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は11月8日!いい歯の日です!

今日は11月8日!いい歯の日です(*^^*) 犬や猫には虫歯は少ないのですが、歯石による歯周病が多く見られます! 目の下の頬に膿が出たり、膿の鼻水が出たり、歯周病が悪化すると大変です! なるべく毎日(出来る限りの)歯のケアをしてあげましょう! 歯の磨き方など、詳しくはスタッフにお尋ねください!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

院内セミナー!

今日は、新しい猫慢性腎臓病薬のセミントラの院内セミナーでした。 お弁当を食べながらのランチョンセミナー! 腎臓病の多い猫達に、新しく治療の選択肢が増えました! 居眠りもせず♪皆頑張って勉強しました(*^^*) 詳しくは、スタッフにお尋ね下さい!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今後、詳しい調査結果が知りたいです。。。

アメリカで、中国産などのジャーキーを食べて、2007年以降600頭が亡くなっているとのこと。。。 まだ、詳しい原因は分かっていないようですが、情報を詳しく知りたいものです。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131024-00000036-reut-cn&1382579559 中国産などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農林水産省発表 台湾の狂犬病発生状況について

10月16日農林水産省の動物衛生課より  台湾の狂犬病の発生状況について情報の更新がありましたので掲載させていただきます。  http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/eisei/rabies/pdf/131016_rabies_taiwan.pdf 狂犬病発生状況 野生イタチアナグマ 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾で犬から狂犬病が確認されました。

9月10日 台湾で飼い犬の狂犬病が確認されました。 イタチアナグマに咬まれてしまい、45日齢の子犬でしたが、発症し安楽死となりました。 詳しくは、狂犬病臨床研究会のHPをご覧ください。 http://www.rabies.jp/news/507/ 対岸の火事と思ってよいのか、きちんと考えなければいけません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は、ワクチンの院内セミナーでした!

今日は、お昼休みにインターベットという会社の方にワクチンについてのセミナーをしてもらいました。 食後の睡魔と戦いながら・・・ みんな ちゃんと勉強しています(*^_^*) ワクチンについての新しい情報もいっぱいで有意義なセミナーでした。 山本さん(講師)ありがとうございました。m(__)m
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾 トガリネズミでも狂犬病確認

先月17日に発表された台湾のイタチアナグマの狂犬病感染ですが、 31日トガリネズミでも狂犬病が確認されたと発表がありました。 http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2959192/11105580 AFPBBNEWSより 台湾の衛生当局は31日、トガリネズミの狂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾で狂犬病を確認

今までお隣の国 台湾は狂犬病の清浄地域でした。 7月16日火曜日に台湾行政院農業委員会は、野生のイタチアナグマに由来する検体(脳組織)を検査した結果、狂犬病であることを確定診断した旨を公表しました。 どのような経緯で、台湾に入ったのか・・・ これから詳しいことがわかると思います。 農水省のHPです。 http://w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無麻酔でイボを取るために!凍結療法

高齢になってくると、皮膚にイボが出てくることがあります。 引っ掻いて出血してしまったり、気にして舐めこんでしまったり・・・ 皮膚の表面だし、取ってしまえば・・・と思おうことがあります。 動物の場合、局所麻酔で取る・・・・・これだと暴れてしまい、ちょっと危ないです。 どうしても、小さいものでも全身麻酔をかけて切除することになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暖かくなり・・・寄生虫の季節です!

暖かくなり、日中は暑いくらいですが・・・ 虫にとっては心地よい季節になりました(-_-;) 寄生虫としては、 ◎ノミ  ◎マダニ  ◎蚊によるフィラリア これらの予防対策がとても重要になります。 これらの予防薬を販売している“バイエル薬品株式会社”さんが 面白いHPを作りました。 写真や動画で楽しく寄生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お口のお手入れ(歯石、歯周炎)

今回は頑張って長文を書きました^_^; よろしかったら、読んでみてください。 最近、麻酔下の口腔内処置が増えてます。 歯石が激しくなったり、歯根が膿んで眼の下に膿が噴いたり、膿の鼻水が出たり・・・ 犬猫は虫歯菌が少ないので虫歯(う蝕)になることは少ないのですが、 歯石が歯にべったり、その歯石が歯の根っこの周りに入り込んでそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more