もり犬猫病院@院長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月2日にパピークラス開催しました!

<<   作成日時 : 2014/09/21 20:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前回のオリンテーションに続き、実際にワンちゃんと作業していくクラスが始まりました。

まずは「飼い主さんの近くにいるといいことがある」ということを教えていきます。

家族の側が一番!、と思ってくれると危険回避にも役立ちますし、お散歩や呼び戻しの基礎にもなります。

何より、家族の近くにいることがハッピーだと思ってくれるといいですよね。(^^)


飛びつきの激しい子にはヒトの前に来たら自動的に座ることを教えてあげるといいでしょう。

「オスワリ」と言わなくても自分で判断して座ってくれるようになります。

今回参加されている子もお母さんの前だけでなく、

病院スタッフの前でも同じように上手に座れるようになりました。ヽ(´∀`。)ノ゚

また、お母さんが座っている時は自分もフセでリラックスしてればいいんだ、ということも教えてあげます。

これが出来れば、ドッグカフェも夢ではありません!(*´˘`*)♡


ワンちゃんを連れてお散歩していると、「かわいい!」と言っていろんなところから手が伸びてくる、

ということがあるのではないでしょうか。

この時ワンちゃんが「怖い」と感じてしまうことがあります。

そうなる前に手が出てくるのは怖いことじゃない、と教えてあげます。

手が怖くなってしまうと今後触ることが難しくなってしまう可能性もあります。

手は怖いものではなく、うれしいものになってもらうようにしましょう。


名前を憶えてもらうことと「オイデ」と呼んだら側まで来てくれること、これはとても大切です。

たくさん練習してあげてください。

名前も「オイデ」も苦手なことをする時には使わないようにしましょう。

反対に大好きなこと、楽しいことをする時に使ってあげます。

呼び戻しはまず家族間でたくさん練習してください。

呼んで喜んで来てくれるようになると可愛さ倍増です!♡


お出掛けの時、車に乗る時にクレート(ハウス)に入っていられると安全ですし、犬も落ち着けます。

震災などで避難しなければならなくなった時もクレートの中で落ち着いていられる子は

ヒトと同じ避難所にいられる場合もあります。

ぜひクレート(ハウス)が好きになるような練習をしてあげてください。


パピークラスでは診察台で今後必要になりそうなことも練習していきます。

聴診器を当てられたり、身体を触られたり、少し抑えられたり・・・

あまり楽しくないことも受け入れられるように少しずつ練習していきます。

これまでパピークラスに参加してくれたパピーたちは今でも診察室に楽しそうに入って来てくれています。

病院嫌いになる前に、パピークラスへの参加をお勧めします!

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
9月2日にパピークラス開催しました! もり犬猫病院@院長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる