もり犬猫病院@院長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第18回 パピークラス!

<<   作成日時 : 2014/02/28 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第18回パピークラス

2月21日にパピークラスが行われました。
画像


ベルちゃんはパピークラス修了後も追加クラスで継続して来てくれています。
トリミングでお雛様仕様の飾りをつけて貰っていましたよ。(≧∇≦)
画像


こーたくんは今回が最後のクラスになります。

二人とも診察室も診察台も随分慣れてくれました。
抑えられることも、爪切りも慣れてきました。
診察室でたくさんの“良い経験の貯金”をしてあげることで、
今後治療を受けなければいけなくなった時に受け入れてくれやすくなります。

今回のクラスでは落ち着くことをメインにしてみました。
まずはお母さんが椅子に座っている時はフセをして落ち着く練習。
これは飼い主がフセの合図を出さなくても自分で判断してフセをしてくれるように練習です。
画像

画像

初めはフセをしてくれるまで時間がかかりますが、一度わかればすぐにフセしてくれるようになります。
ベルちゃんは一度理解してからは自分からフセをしてくれるようになってきました。
こーたくんは今回初めてだったのでお家でたくさん練習してみてください。

次は食べ物を使わなくても飼い主の手で落ち着ける練習です。
ベルちゃんは初めはパタパタしていますが、お母さんの手でゆっくり触ってもらうと落ち着くことが出来ました。
こーたくんは身体を触られることが少し苦手なのでフードも使いながら練習です。
画像

身体を触られるのが苦手な子は手の甲の方が刺激が少ないのでこちらから慣らしてみましょう。
テンションを上げることは簡単ですが、落ち着くことは練習が必要です。
子犬のうちから落ち着く練習をしてあげましょう。

次はいろいろなものに慣れる練習。
まずは傘から。
画像

画像

傘が開いていても、「バサッ」と音がして開いても大丈夫。
それでは掃除機はどうでしょう。
画像

今回はスイッチを入れて動かしてみました。
ベルちゃんは少し遊びが入っています。
こーたくんは少し警戒がありました。
ベルちゃんは興奮しないように、こーたくんは警戒心がなくなるように練習です。
日常の中の人間にとってはなんでもないことが犬にとっては嫌な経験になってしまうことがあります。
いろいろな刺激を受け入れられるようにたくさん練習してあげてください。

エリザベスカラーの練習。
画像

随分二人ともカラーに慣れて来てくれました。
自分からカラーに頭を入れられるようになりました。

今度はスピン・ターン(右回り・左回り)をしてみます。
画像

こういう遊びもお母さんたちとの大事なコミュニケーションの一つです。
いろいろなことを教えてコミュニケーションを増やしましょう!

それではお待ちかねのフリータイムです。
画像

画像

画像

二人ともすっかりお馴染みさんになりました。♥━━ヾ(●゚v゚)人(゚v゚○)ノ━━♥
楽しく遊んでいる途中で、それぞれのお母さんたちに呼び戻してもらいます。
そしてフリータイムを再開。
いつでもどんなときでも呼ばれれば戻る練習はとても大事です。
たくさん練習してあげてくださいね。

それではまた次回もお楽しみに!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
第18回 パピークラス! もり犬猫病院@院長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる